PAGE TOP PAGE TOP
プロの常識をあなたの常識に
ープレシャス式採用術

HRテック /
オンラインツール

HRテック / オンラインツール

HRテック /
オンラインツール

採用活動において、少子高齢化による人手不足は恒常的な課題となっています。
人材の確保と、業務効率の推進が企業に求められるなか、近年、注目を集めているのがデータとテクノロジーを活用した「HRテック」です。
たとえば、リモートワーク、フレックス出勤、時短勤務など、働き方の多様化がすすんでいますが、それにともない勤怠管理が煩雑になっている実態は否めません。従業員一人ひとりの働き方の違いが生まれると、一括管理ではまかないきれない状態となります。
そのような業務に関して、AIやビッグデータを駆使した「HRテック」を取り入れることで、自動化以上の「業務の効率化」や「生産性の向上」が期待できるのです。

HRテックとは

HRテック(エイチアールテック)とは、人事・人財を意味する「HR=Human Resources」と技術を意味する「Technology」を組み合わせた造語です。

テクノロジー(技術)を駆使し、採用活動だけではなく、マネジメントや評価制度なども含めた、人事労務業務全般の効率化と生産性の向上を目指すことをHRテック(HR Tech)と呼びます。

ただシステム化するだけでなく、データ解析やAI(人工知能)、RPAなどの最先端技術を活用することで、ヒトだけでは困難な成果まで目指すことができるのがHRテックの特徴です。

HRテックとは

HRテックが
注目される理由

1.労働人口の減少

現在、日本では少子高齢化を背景に、労働力人口の減少が大きな課題となっています。
今後、企業は限られた人材を有効活用し、生産性向上を図る必要があります。

2.人事労務部門の役割拡大

人事業務は採用、教育・研修、人事評価、人材管理、労務・勤怠管理など、幅広く存在します。また、近年では働き方の多様化や、雇用の流動化などの影響により、求められるものが多くなっています。

3.テクノロジーの急速な発展

SaaS(※)の浸透

クラウドサービスが注目されるなか、SaaSを導入する企業が増加しています。SaaSは、ネット環境があればどこからでも使用でき、常に新バージョンが使えるなどのメリットがあるため、テレワークにも最適です。
また、定額制であることが多いため、初期コストを抑えやすくなっています。

デバイスやアプリの進化

新しいデバイスやアプリの普及によって、現在は、人事以外の従業員でも簡単にシステム活用ができるようになっています。
リアルタイムで管理ができるサービスも登場しており、業務効率化を図ることが可能です。

(※)必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア(主にアプリケーションソフトウェア)もしくはその提供形態のこと

HRテック導入のメリット

1. 生産性の向上

1. 生産性の向上

現在、人事・労務担当者が行う業務は多岐にわたり、業務ボリュームの増加だけではなく、担当領域も増え続ける一方です。採用にまつわる業務や労務管理など、時間と手間のかかる作業を効率化することで、担当者の負担を軽減し生産性を上げることができます。
さらに、人材データの定量的な分析、活用によって、組織のコンディションや企業の業績にも良い影響を与えることも望めます。HRテックの導入により、人事・労務担当者の業務負担を抑え、より戦略的な人事マネジメントへの注力を実現することができます。

2. 人材確保の戦略化

2. 人材確保の戦略化

労働力人口が減少している近年、企業は人材の確保を戦略的に行う必要があります。人材戦略が企業価値を決めると言っても過言ではありません。
ビッグデータを活用し、AI分析を用いたシステムでは、応募者のデータを複合的に分析して「企業にマッチした人材か」「業務内容への適性値はあるか」などを客観的に判断することができます。

3. 組織力の強化

3. 組織力の強化

組織力の強化は、企業成長には欠かせない取り組みです。企業と従業員が同じ方向を目指すことができる組織は、持続的な成長が期待できます。
HRテックを活用し、従業員のスキルや評価だけでなく、性格やストレスなどパーソナリティな部分まで管理をすることで、企業が個々の能力や特性を把握することができれば、組織力の強化、そして企業成長も実現可能となるのです。

HRテックのサービス分類

HRテックは具体的にどのようなサービスがあるのでしょうか。ここでは注目されるサービスを3つの分類に分け、ご紹介します。

  • 1.採用管理

    1.採用管理

    HRテックの代表格として、採用分野で活用されています。応募者の履歴書や面接データの管理、選考中のやり取りなど、採用活動に必要な管理やコミュニケーションを円滑にするシステムとなっています。
    多岐にわたる採用業務の効率化を図ることが可能です。

  • 2.人材管理 / 教育・育成

    2.人材管理 / 教育・育成

    従業員情報や人事評価データを管理することで、適材適所の人材配置、離職の要因分析が可能となり、従業員のモチベーション管理にも役立てることができます。ビッグデータの収集とAI搭載により、人間では難しい分析・提案までも可能にするものもあります。
    研修などの教育・育成の領域では、戦略的な人材育成をサポート。教材費や会場費用など、無駄なコストの削減にもつながります。

  • 3.労務・勤怠管理

    3.労務・勤怠管理

    社会保険や雇用保険、給与計算など、各種手続きを可視化することができます。年末調整やマイナンバーなどの申告業務も簡素化できるため、大幅な工数の削減が可能です。
    また、タイムカードの不正打刻、残業時間の超過も防止でき、企業のコンプライアンスにつながります。

HRテックの導入ポイント

  • POINT 01

    現在の課題を
    明確にする

    まずは、自社の人事課題を洗い出す必要があります。自社の課題にあったツールを導入する、という基本を抑えることができれば、導入における失敗の確率は一気に減らすことが可能です。

  • POINT 02

    コストに見合うか

    現在ほとんどのサービスがサブスクリプション型(商品やサービスを一定期間、一定額で利用できるような仕組み)、もしくは従量課金型の料金体型となっています。
    使用ボリュームやアカウント数、使用期間によってコスト感が変わってくるため、課題に合わせたツールを選ぶと同時に、成果値に見合った料金であるのかを吟味する必要があります。

  • POINT 03

    担当者が使いこなせるか

    担当者は、単にシステムの操作方法を熟知しているだけではなく、出力されたデータの指している意味を理解した上で、どんな判断をすべきか、決断をする必要があります。HRテックに使われるのではなく、使いこなせる人材がいなければ、導入をしても期待した成果を出すことは難しいでしょう。

「HRテック/オンラインツール」サービス一覧

HRテックなどのシステム導入をするポイントは、「現在の課題が解決するかどうか」「人間が行う以上の成果が出るのか」などです。いずれも自社の現在の状況にマッチするシステムを導入する、という基本を抑えていることが重要になります。
それぞれのページでは、サービスの特徴や活用例を解説しています。

担当からのコメント

HRテックという言葉自体は聞くけれど、調べても結局よくわからない…という方は多いかもしれません。でも大丈夫です!「あったら便利が安価にできるようになっているかも」と思ったらご相談いただくだけでOK。HRテックやオンラインツールで解決できるのか、他の解決方法はないのか…貴社のお悩みを解決できる最適な方法を提案いたします。ツールの取り扱いだけではなく、採用全般のコンサルティングをしてきた弊社にお任せください。

メディア部門 T.Y.

メディア部門 T.Y.

CONTACT US