PAGE TOP PAGE TOP
プロの常識をあなたの常識に
ープレシャス式採用術

人財紹介

人財紹介

人財紹介

正社員領域では一般的な採用手法である人材紹介。
「もちろん知っているけれど、使ったことはない…」という企業も多いのではないでしょうか。しかし、お悩みの種類によっては、一般公募と並行して人材紹介の活用を検討する価値があります。求人広告などの一般公募では出会えない人材に出会いたいというケースにももちろんおすすめ。
中途だけではなく、新卒紹介も活発な今、人材紹介という手法を改めて見直すべきかもしれません。

人材紹介とは

人材紹介とは

人材紹介とは「企業の求める人材に見合った求職者を紹介する」マッチングを重視した採用支援サービスです。完全成功報酬型となり、初期費用は不要、採用決定で初めて費用が発生するため、無駄なコストがかかりません。

正式には「有料職業紹介事業」と言い、厚生労働省から許認可を受けた企業が行うことのできる事業です。求人媒体をはじめとする一般公募と並び、一般的な中途採用の手法ですが、昨今は新卒採用向けの人材紹介「新卒紹介」も定着しつつあります。

人材紹介の仕組み

求職者と企業が直接やりとりをする一般公募と違い、基本的には人材紹介会社のコンサルタントが間に入ります。募集要項の条件だけではない情報を、企業からしっかりヒアリングした上で紹介するため、ミスマッチが起こりにくいのが特徴です。

紹介を受けた企業は、書類選考や面接を行い、採用するかどうかを決定します。コンサルタントは求職者とも面談を重ね、志望度やスキルが条件に合っているかどうかの確認を行います。企業は確認工数が削減でき、内定辞退なども防ぎやすくなります。

人材紹介の仕組み

また、条件面などの交渉もコンサルタントが代行するため、双方の負担も少なく進むことがメリットとなります。紹介成功した場合の手数料は、想定理論年収の30~35%が一般的となっています。(新卒採用は固定報酬の場合も多く見受けられます。)

両面型と分業型

人材紹介の特徴

人材紹介の大きな特徴は、初期費用がかからない成功報酬型であること、さまざまな意味で効率的な採用活動ができることになります。

一般公募の場合は、ターゲットやペルソナ設定から原稿作成、応募対応、面接設定など、各フェーズで行わなければならないことがたくさんあります。代理店に出稿を依頼をしたとしても、応募対応や面接設定は自分たちで行わなければならず、採用担当者の工数はかなりのものとなります。どんなに原稿を工夫しても、全く条件に合わない人材からの応募もありますし、面接日時の調整も手間がかかります。

人材紹介ならば、細かい要望はコンサルタントがヒアリングし、ある程度マッチングした人材のみが紹介されるうえ、面接も希望日時を伝えるだけ。成功報酬額について高く感じるかもしれませんが、採用担当の対応工数の人件費を加味すると、むしろコストパフォーマンスは良い場合もあります。

ただし、急募には向いていない側面もあるため、一般公募との使い分けが必要となってきます。

人材紹介の特徴

人財紹介のサービス一覧

人材紹介を検討したほうがよいケースは、キャリア採用(中途採用)なのか、新卒採用なのかによっても違います。
いずれの場合も、採用担当が忙しく事務処理の負担が大きい場合などは、まずは相談してみるのもよいでしょう。

担当からのコメント

プレシャスパートナーズの人財紹介は、中途採用向けと新卒採用向けの2種類。「新卒でも第二新卒でも問わないから、フレッシュな人材にあいたい!」などのご希望も叶えやすいのが特徴です。また、求人広告の代理店として実績のある弊社だからこそ、人材紹介以外の採用手法のご提案も可能。人財紹介含め、最適な採用プランをご提案できるので、何社にも依頼しなくてすむメリットもあります。

コンサルタントN.M.

コンサルタントN.M.

CONTACT US